BLOG

【イベントレポート】12月2日(土)に「SPRING JOB FESTA 2017」を開催しました!

ロゴ

こんにちは!
北海道エンブリッジ、インターン生の田中です。
今回ご紹介するのは、12月2日(土)に開催されたSPRING JOB FESTA 2017の様子です。

■SPRING JOB FESTA 2017とは
SPRING JOB FESTAとは企業名や業界ではなくインターンシップの「プロジェクトの面白さ」と「人の面白さ」でマッチングする、新しいカタチのインターンシップフェアです。
今回は全6社のプレゼンテーションおよび企業の方とのトークセッションや交流会を通して、各プロジェクトの魅力をご紹介いたしました。
詳しくはFacebookイベントページをご覧ください。

■イベントの内容
イベント名:SPRING JOB FESTA 2017
日時:12月2日(土)13:00~16:30
場所:北海道新聞社 札幌本社ビル(札幌市中央区大通西3-6)
出展企業:グローブエンターテインメント株式会社、株式会社ONECRUISE、有限会社オフィスアン、モリタ株式会社、農業プロジェクト、NPO法人北海道エンブリッジ
参加者:大学生24人
主催:北海道地域人材育成ファーム
共催:NPO法人北海道エンブリッジ

 

まずはじめにNPO法人北海道エンブリッジ代表理事の浜中による、SPRING JOB FESTA 2017の活用レクチャーをお聞きいただき、続いてアイスブレイクを行いました。

OPトーク

次に8月まで7か月間、モリタ株式会社でインターンシップに取り組んでいた、加茂さんからインターンシップの経験についてプレゼンしていただきました。
Webショップの店長として、Webページの作成やアクセス解析、イベント開催、東京研修などに取り組みました。
1,2年生から問題意識をもって、行動することで自身の強みを伸ばしたり、弱みを補う時間を多く確保できます。

加茂くん プレゼン

ここからは各社からの企業プレゼンテーションです。
簡単ではありますが、プロジェクトの概要と共にお伝えさせていただきます
1番目は【グローブエンターテインメント株式会社】です。
「完全オーダーメイドウエディング」×「地方創生ビジネス」という独自のスタイルのベンチャー企業。
社歴に関係なくトップに事業提案可能・複業Ok・休暇余暇の充実など「成長速度」と「自分らしさ」を大事にする社風です。
1月19日~21日までの3daysインターンを募集しています。

グローブ プレゼン

2番目は【株式会社ONECRUISE】です。
WEBを駆使して、HOKKAIDOから、全国そして世界を代表する企業を目指します。
クライアントのニーズに応じた的確なプランニングと、ローカルビジネスモデルに特化したWEB広告の戦略で、企業や自治体がWEBを通じて目的を達成し、事業を成功させるまでのサポートをします。
Google主催セミナーでは日系企業で唯一スピーカーを行いました。
6か月間のインターンで、最終的には自分でマーケティング企画を納品までディレクションします。
*インターン詳細はこちらをご覧ください。

ワンクルーズ プレゼン

3番目は【有限会社オフィスアン】です。
*エンブリッジ代表理事の浜中が代理でプレゼンテーションいたしました。
店舗では農産物を中心にそれらを使った食品や合成食品添加物を使わない加工食品・洗剤・雑貨など、できるだけ食べる人、使う人の安全や健康を考えた商品を使っています。
「宿泊」×「飲食」×「販売」を兼ね備えた施設をオープン予定で、インターン生はそれの企画やイベント開催を担います。
2018年4~5月にプロジェクトが確定するので、それまでは月に1度の「設計会議」に携わります。

EF293F1A-8D05-4DFD-9C77-717BA981A03C

4番目は【モリタ株式会社】です。
ギフトボックスや特産品のパッケージ等の紙箱を製造しており、デザイナーとのコラボレーションによるデザイン性の高いものづくりが得意な紙箱製造メーカーです。
インターン生は加茂さんが立ち上げた、オリジナルギフトボックスのWEBショップの店長を担い、SNSの発信やアクセス解析、イベント開催などに取り組みます。
6ヶ月間のインターンを募集しています。

モリタ プレゼン

5番目は【農業6次化プロジェクト】です。
農業では高齢化問題・後継者不足が課題となっており、ネガティブなイメージを持たれがちですが、農家として働くことで得られることや魅力をアピールすることで農業に興味を持ってくれる人を増やしたい。
そんな想いから高橋農産さんの下で2012年からインターンが始まりました。
インターン生は収穫、加工、流通、販売までチームとなって取り組みます。
期間は7月~9月が中心となります。
*インターン詳細はこちらをご覧ください。

農業六次化 プレゼン

最後は【NPO法人北海道エンブリッジ】です。
長期インターンという形で、仕事を通じて社会に新しい価値を生み出し、楽しみながら挑戦している大人と大学生のマッチング&サポートをしています。
インターン生は企業営業、イベント開催、インタビュー記事のUPなどに留まらず、エンブリッジに必要とされるものであれば何でも取り組むことができます。期間は2ヶ月間〜です。

エンブリッジ プレゼン

全てのプレゼンテーションが終わった後は、参加者の方々に3分ほど感想を共有して頂きました。皆さん楽しそうに隣の人と話していたのが印象的です。

意見交換

次にパネルディスカッションです。
プレゼンでは聞けなかったことを浜中さんが質問していきます。
パネルディスカッション

ここで休憩を挟み、企業ごとに分かれた、トークセッションです。
インターンに関わらず、働くということ、就活のことなど気になったことについて自由に話します。

モリタ トークセッション

▲モリタ株式会社のトークセッションの様子

 

農業六次化 トークセッション

▲農業6次化プロジェクトのトークセッションの様子

全ての企業のトークセッションを回った後は、交流会です!
乾杯の挨拶は小樽商科大学 准教授の大津先生にしていただきました。
学生の皆さんも緊張せず、社会人と学生で楽しそうに話す様子が見受けられました。

交流会㈰

交流会

最後にモリタ株式会社 常務取締役の近藤さんに乾杯の挨拶をして頂き、終了となりました。最後は集合写真を撮影しました!

集合写真

■イベントを終えて
今回はいつものJOB FESTAより、学生も出展企業さんも少人数で密度の濃いイベントにしようと企画しました。
当日、学生は全ての企業さんとトークセッションで話し、交流会でもインターンに限らず、さまざまな相談・質問を自由にしており、いい機会になったのではと思います。
最後の近藤さんの話で、「今の学生は長期インターンシップによって、やりたいことを実際に仕事として取り組むことができて羨ましい」という話が印象的でした。
「やりたいこと」は、こうした場に飛び込んでいろんな人と話したり、試しにやってみることでみえてくるのではないかと思います。
そうして見つかった、「やりたいこと」を長期インターンシップでじっくり取り組んでみて本当に「やりたいこと」なのか考えてみるのもおススメです!
参加してしていただいた学生の方々、出展企業の方々、イベントを手厚くサポートしていただいた北海道新聞社の竹石様、堤様、小樽商科大学の大津先生、当日運営の方々、本当にありがとうございました。
また今回のSPRING JOB FESTAに参加していない方でも、インターンシップに参加することは可能です!
まずは一度面談を行いますので、お気軽にご連絡ください!
*お問い合わせは「info@en-bridge.org」(担当:田中)までご連絡ください。

(北海道エンブリッジ インターン生:田中 桂樹)

NPO法人 北海道エンブリッジ

〒001-0011
札幌市北区北11条西2丁目1-6 みどり荘201号室
Google Map

tel. 011-790-6987   fax. 011-613-0936