INTERNSHIP
ABOUT

ABOUT長期インターンシップ

現実にある課題を解決する。

エンブリッジのインターンシップは、6ヶ月以上の長期プログラムがメインです。
まずは企業に入り、社会人としての基礎を学びます。
次に営業や企画など、日常業務にチャレンジ。
その後はいよいよ、企業といっしょに課題解決プロジェクトに取り組みます。
メンバーの一員から、最終的に、自らそのプロジェクトのリーダーとなり、課題を解決します。
通常は社会人になり5〜6年目に任せられるプロジェクトに取り組むことで、仕事の楽しさや難しさを学びます。

 EN-Bridge Point.1

現実にある課題を解決する。

どの受け入れ企業も普段の仕事の中にある、リアルな課題をプロジェクト化しています。その課題を解決することで、大学生でも企業にインパクトを与えることができます。
レポート

 EN-Bridge Point.2

多彩な業種。

ビジョンを持ち、新しい事に挑戦する魅力的な企業や経営者が受入先です。また、農業や観光、福祉、不動産、流通、IT、クラウドなど、様々な業種の企業が揃っています。
受け入れ企業一覧

 EN-Bridge Point.3

リーダーとして。

インターン生の権限に上限はありません。提案とその根拠があれば、プロジェクトリーダーとして事業を引っ張っていく学生も数多くいます。

担当者と経験者の声

比べると良さがわかる。

  長期インターンシップ 短期インターンシップ アルバイト
特徴

特徴

  • 長期間。
  • 「教えてもらう」受け身型ではなく、「自ら価値をつくる」積極的実践型。
  • 企業の一員として、課題を解決するプロジェクトに取り組む。
  • 全学年が対象。

特徴

  • 1日~2週間程度。
  • 会社説明型や事業部体験型、課題提案型など多種多様なプログラム。
  • 主に3年生が参加

特徴

  • 短期から長期まで自由。
  • 仕事をする対価として、収入を得ることが主な目的。
  • マニュアル通りに取り組むルーティンワークが多い。
  • 幅広い年齢層と共に働く。
メリット

メリット

  • 仕事を一からつくる面白さ。
  • 会社を外から見るのではなく、中から体験することができる。

メリット

  • 複数社の見学や、会社の雰囲気を確認できる。
  • 同世代の仲間も見つけやすい。
  • 本州では採用直結型も多い。

メリット

  • 収入がある。
  • マニュアルがあるため、仕事を学ぶのが早い。
  • 社会を経験するための、最も入りやすい入口。
デメリット

デメリット

  • アルバイトや短期インターンシップに比べ、時間を取りづらい。

デメリット

  • 短期のため実績を積むことや、スキルを磨くには不向き。
  • リアルな現場には触れられないため、企業の長所しか見えない可能性が高い。

デメリット

  • 権限が制限されている。
  • 日々の業務を回すことが主な目的なので、新しいことへの挑戦はしにくい。
  • アルバイト経験以上のステップを描きにくい。

NPO法人 北海道エンブリッジ

〒001-0011
札幌市北区北11条西2丁目1-6 みどり荘201号室
Google Map

tel. 011-790-6987   fax. 011-613-0936